本文へスキップ

寿命と病気の統計 では主に厚生労働省のデータを基に、平均寿命、平均余命、死亡原因、病気と入院期間 等をまとめています。

1、平均寿命の推移

日本人の平均寿命とその推移

日本人は、世界的にもトップクラスの長寿なことはご存知ですね。
平均寿命は直線的に伸び続けています。

日本人の平均寿命


平均寿命

 平成年度からの日本人の平均寿命は以下のようになっています。

 黄色の平成28年が最新の結果で、男性は 81.0歳、 女性は 87.1歳です。
 
 男女の寿命の差をみると、女性の方が6.2歳 長生きだという事がわかります。
 男女の寿命の差は、少しづつですが小さくなってきています。

 最新の 平均寿命の推移 表


平均寿命の推移

 平均寿命の推移を表したのが以下のグラフです。

 平均寿命が男女ともに直線的に伸びており、最近の26年だけで 約6歳も伸びています。
 今後もこのまま直線的に寿命がのびていくとすれば、15年後には女性の平均寿命が90歳を超えそうです。
 15年と言ったら、もうすぐですね。 そのころには100歳以上の高齢の方がかなり増えている事でしょう。

 平成23年に男女ともに寿命が落ち込んでいますが、この年はかの東北地方太平洋沖地震がありました。

 最新の 平均寿命の推移 グラフ


世界の平均寿命


世界の平均寿命

 下の表は、WHOの " World Health Statistics 2014 " のデータです。
 0歳の余命となっていますが、これがいわゆる平均寿命です。

 男性の寿命は、世界8位、女性は世界1位の長寿となっています。
 女性は2位のスペインよりも2歳も長寿で、目立って長生きなのです。

 世界の平均寿命

参考資料